Higg施設・工場環境モジュール

水使用、廃棄物管理、化学物質およびエネルギーの使用など、施設・工場における製品製造の環境インパクトをFEMで評価し、長所と改善すべき点を明らかにします。

Higg FEMの値

施設・工場のサスティナビリティへの影響を測定し、数値化するツールです。また、Higg FEMは、冗長性を減らし、非効率性を明らかにすることでリスクを低減し、共通言語を生み出してステークホルダーにサステナビリティの話を伝えることもできます。

測定される影響

Higg FEMは、施設・工場が年間の環境パフォーマンスを測定および評価する方法を標準化したものです。このツールによって、メーカーとその施設・工場が環境や世界全体に与えている環境インパクトを明確に把握することができます。Higg FEMは、メーカー、ブランド、および小売業者がパフォーマンスを向上させる機会を特定し、優先順位をつけることを支援します。

Higg FEM 評価:

  • 環境マネジメントシステム
  • エネルギー/温室効果ガス排出量
  • 廃棄物
  • 廃水
  • 大気排出量
  • 化学物質管理

スコアリング

Higg FEMの背後にある採点システムは、サプライチェーン内の行動変容を促すように設計されています。FEMは、施設・工場の環境インパクトを「良い」「より良い」「最高」の3段階で評価し、測定された7つの環境インパクト分野の総合スコアを100点満点で表示します。また、それぞれのインパクトエリアにはセクションスコアが表示され、改善の機会を素早く特定できます。

検証

Higg FEM検証によって、施設・工場の自己評価を正しく理解し、回答したことを確認します。検証は、外部の利害関係者にデータの信頼性を保証し、データを安定させ、安定したレベルの信頼性と正規化を達成するために役立ちます。Higg FEMのベースラインとデータ検証プロセスの詳細は、ここをクリックしてください。

透明性

FEMは、メーカー、小売業者、およびブランドに対して、自社の環境フットプリントを最も正確に反映した情報を提供します。事業所は、FEMコミュニケーション・ツールキットを用いて、検証済みのFEMスコアやパフォーマンスに関する洞察を、ビジネスパートナー、NGO、見込み客など外部のステークホルダーと、会社報告書やウェブサイト、ソーシャルメディアなどで共有できます。FEMコミュニケーション・ツールキットを使用することは、施設・工場がサステナビリティに取り組み、信頼性と検証性を有する情報をステークホルダーと共有することの表れです。

Higg FEMコミュニケーション・ツールキットの詳細については、こちらをクリックしてください。

その他の機能

施設・工場基

施設・工場基盤は、メーカー、ブランド、および小売業者が、バリューチェーンに含まれる施設・工場の環境サステナビリティへの対応力を評価するのに理想的なツールです。施設・工場基盤は、包括的な環境サステナビリティを開始する施設・工場の準備態勢を迅速に評価します。施設・工場は、施設・工場基盤のデータをブランドや小売業のバリューチェーン・パートナーと共有し、サステナビリティの改善や戦略的投資の機会を効率的に特定できます。

評価は、主にヒッグ施設・工場環境モジュール(Higg FEM)評価のレベル1問題で構成されています。施設・工場基盤は、グローバルな施設・工場を対象とした包括的な環境および社会的サステナビリティの評価であるHigg施設・工場ツールへの入口となるものです。

施設・工場基盤の詳細については、ここをクリックしてください。

ベンチマーキン

FEMベンチマーク機能により、パフォーマンスの基準値を設定して施設・工場のパフォーマンスを前年と比較でき、パフォーマンスのホットスポットの特定や長期的な改善状況の把握に役立ちます。堅牢な分析は、Higgデータを理解するのに役立ち、サステナビリティ戦略に役立てることができます。また、自社のサスティナビリティ・パフォーマンスを同業他社と比較し、世界平均や地域平均と比較して確認できます。

top