1.検証概要

FSLM検証は、FEMの検証と非常によく似ています。FSLMの自己評価に関する質問を理解し、正しく回答したことを確認するための手段です。  検証プロセスを開始するために、vFSLMを購入する必要があります。FEM検証の概要を確認するために、 こちら をクリックしてください。

FSLMの検証プロセスは、SLCPの評価プロセスに準じています。SLCP 価プロセスについては、こちらをクリックできます。

2.認定されたFSLM検証者の一覧

Higg FSLM 検証者のリストは、 http://verifierbodies.slconvergence.orgからご覧いただけます。

本リストは、検証者の申請と訓練のプロセスを完了する人が増えるにつれて、今後も増え続ける予定であることに注意します。

3.SLCPの運用国/地域

SLCPは現在、以下の国/地域で利用可能です。

  • アフリカ:ケニア、マダガスカル、モーリシャス、モロッコ、チュニジア
  • アメリカス:アルゼンチン、コロンビア、ドミニカ共和国、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ペルー、アメリカ合衆国
  • アジア:中国、香港、インド、マカオ、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、韓国、スリランカ、台湾、タイ
  • ヨーロッパ:ブルガリア、北マケドニア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スペイン、トルコ

2021年3月のCAF v1.4の発売後、SLCPも利用できます。

  • アフリカ:南アフリカ
  • アメリカス:カナダ
  • アジア:日本、シンガポール
  • ヨーロッパ:ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、フランス、ジョージア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、リトアニア、モルドバ、オランダ、ロシア、セルビア、イギリス、ウクライナ

また、以下の国・地域では、ILO-BetterWorkプログラムの対象外の施設・工場でも、SLCPを利用していただけるようになっています。

  • アジア:バングラデシュ、インドネシア、ベトナム

SLCPは、2021年5月から6月にかけて、これらの国々で本格的に展開される予定です。さらに、5月にはパキスタンに参入する予定です。他のILO-BetterWork加盟国でも、2021年第3四半期/2022年(TBC)にSLCPが利用可能となる予定です。

詳しくは、 こちら をご覧ください。