1. 検証の設定

SLCPゲートウェイおよびHiggプラットフォームで、検証機関(VB)アカウントが設定され、承認された検証者がアカウントに参加していることを確認します。

検証作業を開始する:

  1. SLCPゲートウェイからVBアカウントにログインし、検証者を割り当てます。SLCPゲートウェイで、VB、施設、および検証者のアカウントの国や言語の設定が一致していることを確認します。
  2. 割り当てられた検証者がorgに表示されるまで、最大15分間待ちます。
  3. higgステージングプラットフォームでVBオーナー/管理者としてログインします – 「共有承認待ち」タブで、施設・工場のFSLMとvFSLMの共有要求を受け入れます。

2. 検証プロセス

検証プロセスに関する詳細な説明については、 こちらのFSLM検証ページをご覧ください。

X