廃水

General Introduction

廃水は、管理、処理、排水を正しく行わないと、周りの自然システムとコミュニティーにとって重大な汚染やコンタミの原因となることがあります。 どの工場からも、何かしらの廃水が発生します。

  • 生活用水:トイレ、シャワー、台所、掃除など。
  • 工業用水:生産、潤滑、冷却、メンテナンス、製造機械の清掃など。

アセスメントの質問に回答する前に、まず貴社工場の、廃水処理と排水の取り組み方法について定義してください。下記の水使用および処理方法を定義することで、貴社工場の、どの廃水に関する質問に回答提出が必要かを判断します。

  • 工業廃水や生活廃水ですか?
  • 施設外処理、施設内処理、施設内外両方での処理、あるいはゼロ排水ですか?

下記がHigg廃水セクションの要件です。

  • 産業活動や生活活動から発生した廃水量を追跡する。
  • 直近の水質テストで、廃水の水質のパラメーターのうち、ZDHC 廃水ガイドラインのような、認可や産業基準を満たしていないことが分かったものを全て報告する。
  • (該当する場合は)施設外廃水処理施設の名称と水質テストの結果を報告する。
  • 通常の処理が基準を満たしていない場合の、2次的工程を説明する。
  • (該当する場合は)確実に正しくスラッジ処理を行う。
  • (該当する場合は)貴社工場が、工程用水廃水を、工程用水として再利用しているかどうかを報告する。

廃水序文

このセクションでは、貴社工場から排出される水で、貴社工場内で再利用を目的としない水について言及します。廃水は、適切に取り扱い、保管、輸送、処理、廃棄を行わないと、環境汚染の重大な原因となりえます。

貴社工場がオペレーションのいかなる側面でも水を使用する場合、何らかの産業廃水や排水が発生します。これには、貴社工場現場のフットプリント内の製造や商業活動が含まれます。すなわち、生産加工、潤滑、冷却、メンテナンス、洗浄および生活用水(寮、バスルーム、シャワー、台所など)です。これらが工場内に存在する場合、工場は何らかの廃水を発生させていて、廃液排出と関係があります。

廃水の排出には下記のように様々な形態があります。

  • 産業、農業、商業工程の様々な段階で発生する工程(あるいは「トレード」)廃液
  • 冷却廃水か他の非接触廃水(例、冷凍機のフラッシング)
  • ブローダウン(例、コンプレッサーやボイラーから)
  • 衛生廃水や生活排水(例、トイレ、シンクなど)

その他の廃水には下記のようなものがあります。

  • 屋根、堅い土表、駐車場からの、雨水流出(または表流水の流出と呼ばれる場合もあります)
  • 消火用水(消火訓練からの流出水)

よくある質問には、「工業廃水か生活排水か、どのように分類すればよいのでしょうか。」という質問が寄せられます。 以下は、判断に役立つ図と、それでも明確でない場合に関する注意事項です。

最も適切で効率的な廃水管理方法(例、施設内処理、再使用のための施設外処理)を決定するには、下記のような様々な要素が関係します。

  • 工場の立地
  • 外部のインフラが利用可能かどうか
  • 発生する廃水量
  • 廃水の組成
  • 施設内(あるいは施設外) での処理済み廃水の再利用
  • コスト
  • 地元地域の規制要件

処理される廃水の量と質により、廃水流域の処理や廃棄方法が変わります。 例えば、下記の条件が廃水によってかなりの違いがあります。

  • 廃水量と速度
  • 総浮遊物質(TSS)の内容
  • 生物化学的酸素要求量(BOD)
  • 化学的酸素要求量(COD)
  • 毒性の可能性(例、化学物質、薬品や抗生物質由来)
  • 重金属(例、アンチモン、ヒ素、カドミウム、クロム、コバルト、銅、シアン化物、鉛、水銀、ニッケル、亜鉛など)
  • pH (酸性、アルカリ性)
  • 温度
  • 界面活性剤
  • 窒素およびリン成分
  • オイル、グリーズなど。

施設内廃水処理とは、工場だけで使用、管理する廃水処理施設です。施設内処理施設で処理した廃水は、関連制限を満たし、直接環境に排出されます。あるいは(部分的施設内処理施設として知られる)施設外の第三者処理施設へと排出されます。

施設外廃水処理施設とは、2社以上の汚染物質を排出している企業へ廃水処理サービスを提供し、廃水を回収する第三者企業や組織で、ここから環境へ直接排出した廃水は関連する制限を満たす必要があります。施設外処理施設は、公共の廃水処理施設であったり、地域廃水処理施設である場合があります。(例、工業団地、工業地帯など)

ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)は、水が液体の形で工場から出ないように設計された処理プロセスです。施設内ZLD処理システムを備えた工場では、ほとんどすべての廃水が処理され、回収されます。そのため、工場から排出される水は蒸発による、または処理施設操業によるスラッジ中の水分としてのみ存在します。  (出典:https://www.roadmaptozero.com/output – ZDHC 廃水ガイドラインの定義項目を参照してください)。  液体の排出がある場合、その工場はZLD処理とはみなされません。

産業基準への言及

我々のパートナー組織である、「有害化学物質排出ゼロ(ZDHC)」グループは、繊維・アパレル業界が廃水管理のガイダンスとして使用する「廃水ガイダンス」を開発しました。このガイダンスは有害化学物質排出ゼロというゴールに向けて業界を支援します。  Higg FEM3.0では、産業基準について言及しますが、ZDHC廃水ガイドラインはその基準の一つです。

適用性に関する質問

貴社工場では、産業廃水が発生していますか?

上記の冒頭部の産業廃水の定義を確認してください。

貴社工場では、ゼロ排水を行っていますか?

上記冒頭部のZLD定義を確認してください。

産業廃水と生活廃水は一緒に処理していますか?

上記冒頭部の産業廃水および生活排水の定義を確認してください。

貴社の産業廃水/生活排水/複合廃水はどこで処理されますか?

上記の冒頭部に記載がある、施設内外廃水処理の定義を確認してください。

廃水 – レベル1

Questions
  • この報告年次中に貴社工場から排出された廃水の総量はどのくらいでしたか?
  • 総合廃水量の追跡に使用した方法は何ですか?
  • 測定の頻度はどれぐらいでしたか?
  • 廃水の排出ポイントはいくつありますか?
  • すべての廃水排出ポイントにラベルを付けましたか?
  • 特定されたすべての廃水排出ポイントを監視していますか?
  • 貴社工場の廃水の最終排出ポイントは何でしたか?
  • その他コメントがあれば記入してください。
アップロードするもの:年間の廃水監視記録(量) 廃水追跡には、工場からの排出、工場施設内で回収/リサイクル、再利用した水が含まれます。 産業廃水:工業加工、潤滑、メンテナンスなど、工場内におけるすべての製造および/または商業活動を含みます。 生活排水:寮、浴室、シャワー、キッチンなどからの廃水・廃液等、発生した生活排水全てを含みます。 質問の意図はなんですか? この質問の意図は、どれぐらい廃水が発生し、どこに排出しているのかを工場が確実に把握することにあります。 この情報は、工場の水収支から導き出すことができます。 この質問に回答することで、工場はいかに排水量を監視、管理しているか示すことができます。 貴社の排水量を把握することは、適切な処理方法を判断するための重要な最初のステップです。 廃水を追跡することで、工場の日常のオペレーションと、どのオペレーションが廃水量に影響を与えているのか可視化することができます。廃水量を把握することは、環境保護への影響とオペレーションコストに直接関係しています。 技術的なガイドライン 廃水の追跡には、該当する場合、生活排水および工業廃水の両方を含みます。また、施設内で排出、再生/リサイクル、または再利用される水で、工場内の製造活動および営利活動から発生したものを含みます。 廃水の追跡は、以下によって開始することが推奨されます。
  • 廃水が発生し排出される箇所を工場内の場所や工程にマッピングする。
  • 以下のように、廃水データを収集および追跡する手順を確立する。
    • 施設内にメーターを設置する、または施設外の処理施設から測定値が記入された請求書を入手する。
    • 推定技術により発生する廃水量を判断する場合、計算方法を明確にし、検証可能なデータの裏付けが必要である。
  • 確認しやすい形式[Excelなどのスプレッドシートや、人間が読める形式でデータをエクスポートできる同様の分析ソフト(Excelやcsvなど)]で追跡データ(日次、週次、月次記録など)を記録し、検証時に確認できるよう、関連した裏付けとなる証拠を保管する。
廃水量の追跡 廃水量を追跡する最も正確な方法は、計量システムを利用することです。廃水量の追跡には、機械式メーターと超音波メーターが広く利用されています。工場は、環境に排出される前の廃水排出ポイントすべてにメーターを設置する必要があります。工場が独自に排水処理プラント(ETP)を備えている場合は、廃水処理設備の排出口にメーターを設置する必要があります。工場では、メーターからのデータを定期的に収集・記録し、正確な廃水排出量が追跡できるようにします。 この手法は、生活排水、工業廃水の両方に適用します。 廃水排出量を追跡するメーターが設置されていない工場は、以下のような推定方法を利用することができます。
  • 工場で、製造工程や生活用水として入って来る水量の正確なデータがある(メーターや請求書記載により)場合、その入水量を基に廃水排出量を推定することが可能です。工場は、廃水量を見積もる際に、水の使用または冷却塔の蒸発損失や灌漑などの損失を考慮しなければならない場合があります。
  • 排水量に関するデータを含む公式の環境報告書(環境への影響評価報告書、環境許可申請書、政府のコンプライアンスレポートまたは施設外の廃水処理に関する請求書など)の使用 注意:施設外の廃水処理施設による廃水処理請求書に、処理した廃水量の記載がない場合があります。その代わりに、処理の総費用(100米ドルなど)および単位量あたりの処理費用(1米ドル/m3)が請求書に記載されていることがあります。その場合は、処理費用合計と単位処理費用から廃水量を手計算し(処理費用合計÷単位処理費用=廃水量など)記録することになります。
  • 工場に入水量に関する記録書類がない場合、製造工程別に機械固有の消費量を基に、工業廃水量を見積もることができます。たとえば、染色工場の染色レシピで染色バッチごとに水が必要、または染色機に各バッチに必要な水量仕様がある、などです。工場は染色レシピ別に染色機ごとの製造量を収集することが必要となるでしょう。そうすると、工場は機械別レシピ別の製造に使用する水量、そして各レシピ/機械に必要な水量から、それぞれの製造量を掛けて手計算することができます。 最終的に、製造に使用する全水量を合計します。 この推定の製造水量は、排出される工業廃水量の推定値と見なすことができます。 また工場は、製造工程における蒸発による損失も考慮する必要があります。
異なる発生源からの水量計算に役立つツールはこちらから参照してください。http://waterplanner.gemi.org/calc-waterbalance.asp. 生活排水の追跡 施設内でメーターを使用して生活排水の流量と排出量を追跡することは一般的に行われていませんが、生活排水の体積と質量を追跡することは強く推奨されます。求められている行動は、どれだけの水が工場から無駄にされているか、また工場から出て行くかを理解し、その量で工場での水の使用評価を行い、また水が適切に処理されない場合、環境に与える影響の評価に適用していることを示すことです。 生活排水の計量データや正確な排水データがない場合は、施設内の総使用水量、生活に使用された推定量、そして推定損失量(蒸発など)を差し引くことによる、廃水排出量の推定を検討することになります。たとえば、生活排水のみを伴う施設で毎月150立方メートルの市水を使用する場合は、蒸発や漏水による損失が10%と推定されると、廃水排出量は134立方メートル(150立方メートル – 10%)と報告することになります。 工場での水使用はまた、地元/地域またはメーカー仕様(トイレ設備で流すたびの定格リットル)を基に、従業員数、設備の数とタイプ、水道の蛇口数、トイレ数、シャワー、灌漑などによって推定することが可能です。 注意:推定技術を使用する場合は、それを完全に文書化し常に適用する必要があります。その際、適切な情報源(メーカーの仕様書、地域の一人当たり一日の汚水量データなど)から得られた合理的な推定要因に基づいてこれを行います。 FEM での廃水データ報告 FEMで廃水データを報告する前に、データ品質チェックを行い、データ「および」収集・記録プロセスが正確なデータを生成するために効果的であることを確認します。 するべきこと:
  • データ源(メーター記録、請求書など)を合計と突き合わせ、正確であることを確認します。
  • 過去のデータと当年のデータを比較します。大幅な変化(10%を超える増減など)は、既知の変化に起因していなければなりません。 そうでない場合は、さらに調査する必要があります。
  • データ追跡スプレッドシートの最新版が使用されていること、すべての自動計算や式が正しいことを確認します。
  • 適切な単位が報告されていること、ソースデータから報告データへ単位が変換されていることを確認します。 注意:FEM は廃水データは立方メートル(m3)で入力することを要求しています。
  • データ源(メーター、請求書、推定など)および計量の頻度(日次、月次など)を報告します。
  • 最終排出ポイント(施設外の廃水処理プラントなど)を報告します。 注意:これは、工場を出てから廃水が排出される地点とします。
  • 推定方法または見積り方法や計算式を見直し、正確であることを確認します。
  • 「追加コメントを記入してください」のフィールドに備考を入力し、データ推定、見積もりのメソドロジー、その他報告量に関連するコメントを追加します。
以下は禁じられています。
  • 正確性に欠けるデータ(情報源が不明、または未検証)を報告すること
  • 検証可能で合理的かつ正確な推定方法やデータ(工学計算など)に基づいていない推定データを報告すること
  検証方法: 工場の廃水データを検証する際、検証者は、工場での廃水追跡プログラムで以下のように不正確になる恐れのあるものについては、あらゆる面を確認する必要があります
  • 最初のデータ収集方法およびデータ源(請求書、現場のメーター、メーター記録など)
  • データ集計に使用した手順やツール(スプレッドシート計算、単位換算など)
  矛盾点や誤りが認めれた場合は、可能な箇所は報告済みの情報を修正し、データ検証フィールドにその旨を詳細に記載します。 該当する場合
  • 必要書類:
    • 廃水排出の記録(例:毎月の請求書や年間排出記録、メーター記録(メーター記録を確認できるなら、エクセル表で記載されたメーター記録でも可))。これらの総量は、全ての質問に対する回答の報告データと一致すること。
    • 該当する場合、メーターの較正記録(製造元の仕様に従って、など)
    • 該当する場合、記録のある推定方法
    • 工場の廃水源が完全に追跡されている。レベル1の表のリストにある廃水源全てについて、全ての欄に正確に回答する必要があります。
  • 面接時の質問:
    • 主要従業員は、工場の廃水データ追跡プログラムおよびデータ品質の維持方法を認識している。
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • 廃水・廃液は、直接廃水・廃液処理施設に移動しますか?あるいは排出する前に何らかの処理を行いますか?
    • 表流水や雨水はコンタミや閉塞することなく流出しますか?
    • 廃水・廃液の排出を管理するために確立した手順に従っていますか? (例、 廃水の管理, 活動など)
    • 環境への流出や漏水が見られますか?
    • ボイラーのブローダウンや他の膜洗浄作業中は、水を回収して追跡しますか?
    • (工場が「メーター」方法を選択した場合)設置されている流量計は、目盛付きでまた読みやすいですか?
    • 現場視察中に、流量計の写真を証拠として撮影する必要があります。
    • データを試算する場合、水収支は利用可能な流量計、均等化槽の容量、流動速度のタイミングなどに基づいているか検証してください。
    • 取水量と排水量の概算の請求書を検証してください。

アップロードするもの:パイプと下水道の場所とそれらの接続が示されているプロセスフロー図およびユーティリティマップ

この質問は、2020 Higg FEM 報告年次では採点されません。 今後の報告年次で採点される可能性があります。

質問の意図はなんですか?

雨水を廃水を分けることが推奨されます。それには多くの理由がありますが、サージボリュームと汚染物質の負荷を廃水処理システムでより良く制御すること、また下水および/または工業廃水を環境に放たれるオーバーフローを防ぐこと、などです。  工場は、全体でこれら2つのシステムを分離する必要があります。ただし、地域の規制により、排出前にどのような処理をしなければならないかが規定されている場合があります。よって、処理システム内で雨水を工場廃水と混ぜる場合もあります。

技術的なガイドライン

雨水と廃水は別々に収集し、処理して排出します。そうして、雨水による廃水処理プラントへの影響を低減し、処理効果を確保します。 このメカニズムを採用する目的は、雨水と廃水が適切に収集および排出され、システムが確実に機能するようにするためです。

メカニズムの維持方法

1)雨水および廃水の収集ポイントと排出システムにコードを振りラベルを貼付する。また責任部署や責任者を指名し、定期的に管理する。

2)雨水および廃水の排出経路マップを作成する。そこには、場所、用途、コード、責任者名を明記する。 ほとんどの従業員が閲覧・使用できる場所に排出経路マップを掲示する。 注意:工場の廃水収集および雨水の排水システムは、工場の構造設計図やユーティリティ設計図に記載されている場合があります。

3)各収集システムの異なる用途について、担当者全員に研修を実施する。

4)雨水および廃水の収集ポイントと排出システムは定期的に(日次、月次など)点検し、混合やシステムの破損がないことを確認する。 

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類:
    • 雨水および廃水の排出マップ。2つの収集システムと排出システムが分離されていることを示すもの
    • 文書化されたポリシーや手順、該当する場合は定期的な監視記録
  • 面接時の質問:
    • 廃水や雨水に関連したさまざまな設備の管理を行う従業員に面接を実施します。パイプ、化学物質タンク、その他システムなど相互汚染や漏水の可能性がある設備です。
    • 従業員がインスペクションウォークを実行しているか、調査結果を文書化しているか、指摘事項を解決しているかどうかを判断します。
  • 検査ー物理的に見る検査対象
    • ユーティリティマップとプロセスフロー図を入手し、マップ上で数本を辿り、正確さを調べます。
    • 合流式下水道および/または雨水の分離と雨水処理に関する許可またはその他の規制情報を、排出規制の前に確認します。
    • 雨水の貯水池に何か異変がないか確認および観察します。その際、雨は降っていないが、井戸のそばに廃水が流れていないか、また雨水の貯水池が異常な色(白、黒、緑など)を帯びていないか、注意します。
  • 名称:
  • 住所:
  • 所有者:
  • その廃水処理施設との間の契約書コピーがありますか?
  • 書類がある場合は、書類をアップロードしてください。

アップロード書類 a) 工場外排水処理施設との間に交わした契約書、 b) 工場外廃水処理施設へ廃水を排出することの貴社工場に対する許可証

この情報は大変重要です。問題の発生源がどこにあるかに関わらず、不適切な処理から環境コンタミが発生した場合は、その対処を行う必要があるからです。この情報があれば、貴社工場の、コミュニティー、地元ビジネスが、間違いが起きた場合の環境コンタミ事故を予防、除去をしやすくなります。

満点を獲得するためには、工場外の廃水処理施設について把握し、契約書をアップロードする必要があります。契約書は中国内の全工場の検証中に必要となりますのでご注意ください。  

質問の意図はなんですか?

この質問の意図は、工場が廃水処理施設と関係を持ち、コミュニケーションをとることができるようになることです。これにより、トラブルシューティングが有効となり、継続的な改善を支援します。  

この情報は大変重要です。問題の発生源がどこにあるかに関わらず、不適切な処理から環境コンタミが発生した場合は、その対処を行う必要があるからです。この情報があれば、貴社工場の、コミュニティー、地元ビジネスが、間違いが起きた場合の環境コンタミ事故を予防、除去をしやすくなります。

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類 – 許可のセクションで既に確認済みのもの。
    • 施設外廃水処理施設と交わした契約書
    • 貴社工場が施設外廃水処理施設へ排出することを認められたことを示す、貴社工場への認可
  • 面接時の質問:
    • 施設外廃水処理施設の基本的な詳細を確認。レイアウト、処理タイプなど(一次、二次、三次など)
    • 経営者層は、第三者施設外処理施設との契約を更新するためのプロセスを導入していますか?

貴社工場には、誤って廃水を排出した場合に法的に必要となる適切な政府当局または機関に連絡するプロセスがありますか?

貴社工場は、バックアップ計画に関連するすべての従業員に研修を提供していますか?

  • 何人ぐらいの従業員が研修を受けましたか?
  • どのくらいの頻度で従業員研修を実施していますか?

廃水に関連して貴社工場の代替案に含まれる戦略を全て選択してください。

  • 緊急製造停止
  • 廃水タンク
  • 貴社工場の廃水タンクの容量はどれぐらいですか?
  • 二次処理(生物学的および高度な化学処理-凝固、凝集、中和、浄化/沈殿プロセスを除く)
  • 工場外排水処理施設への排出
  • 他の代替プロセス

工場の廃水処理のピーク/最大平均処理量はどれくらいですか?

アップロード書類:貴社工場敷地から排出される1日当たりの平均廃水量を充分処理できる緊急代替案の書面。

廃水処理ができなくなった場合に、未処理廃液が地元環境に排出されることを防ぐため、貴社工場に代替案があることは大変重要です。貴社に1日当たりの平均容量を取り扱うことができる代替案がない場合、貴社はレベル1の得点を得られず、終了することができません。

質問の意図はなんですか?

この質問は、処理プロセスが機能しなくなる事態に、環境への未処理廃液流出を防ぐための緊急時対策の策定を推奨します。貴社が代替プロセスを導入していない場合、レベル1を終了することはできません。これは、機能が停止する事態に陥ったときに環境コンタミ事故を防ぐために大変重要だからです。

これは、廃水処理プラントの故障の場合に偶発的な環境汚染を防ぐために重要です。

技術的なガイドライン

工場は、緊急時に対応するために、緊急時対応策を策定して書面化する必要があります。1日当たりの廃水処理容量と(工場に廃水貯蔵タンクがある場合)廃水貯蔵タンクの容量を把握することが重要です。この情報は、廃水量と比較して、緊急事態に廃水を貯めておくことができるか判断される必要があります。廃水貯蔵タンクは、それだけで十分な代替案とみなすことはできません。

以下が回答タイプです。

  1. 工場には、最低1日分の発生量に等しい廃水量を保持できる追加の貯水タンクがある。 (これは、工場が処理を行わず、パイプラインを介して連続的な排出として廃水をCETPに直接送る場合です。)
  2. 工場が、社内で前処理を行って、排出される廃水の水質に関するCETPとの契約上の要件を満たそうとする場合には、収集タンクに続き、均質化または中和などを行う必要があります。 そのような場合、工場には現在発生している廃水の量よりも多くの容量を収容できる大きな収集タンクが必要です。また、既存の容量または滞留時間に加えて、少なくとも1日間の発生量を貯蔵することが必要です。
  3. 工場は、通常の状況に戻るまで製造を停止することとなります。 ただし、この回答は、単に生産を停止することを示すのではなく、それを指示する何らかの文書化された 緊急応答プロセスが必要です。

文書化された緊急時対応計画がなく、これをすべてのチームが理解していないと、レベル1を超えることはできません。というのも、この業務慣行の主な目的は、適切な処理を行わずに廃水をバイパスしたり、水域に排出したりしないことだからです。

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類:
    • 貴社工場から排出される1日当たりの平均廃水量を充分処理できる代替案を書面化した書類。 この書類中で、緊急製造停止手順や処理のタイプ、処理が使用できるかどうか、代替処理を実行に移す手順、これらの実行責任者について説明されている必要があります。
    • 代替処理オプションや容量を説明している図式
  • 面接時の質問:
    • 廃水処理の主要責任従業員は、代替案が何かを明確に述べることができ、いつ、どのように実行に移すのか述べることができる。
    • この代替案が必要になった場合がありますか? いつ、何故、代替案が必要になりましたか?
    • 過去に緊急事態が発生したことがある場合、いつ、何故、代替案が必要になりましたか? 代替案は、緊急事態を管理するのに充分でしたか?
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • 書面化された代替案の請求、およびその場所が計画された通りに存在しているかの検証
    • 代替案、(施設内にある場合は)設備、(施設外の場合は)契約書の写真

 

この質問は、2020 Higg FEM 報告年次では採点されません。 今後の報告年次で採点される可能性があります。

質問の意図はなんですか?

工場は、廃水の排出を監視し、廃水中の汚染物質を適用される法律や規制に従ったレベルまで減少させる必要があります。

 

意図することは、水を運搬するのに使用されている配管や運搬システムや廃水が正しい処理または排出位置に導かれているかを示すプロセスフロー図を、工場がどの程度理解しているか評価することです。  工場は、検査の前後や途中の環境管理システムを示し、違法に排出していないことを継続的に確認する必要があります。

 

技術的なガイドライン

すべての廃水の流れを特定およびその特性を明確にし、工程廃水の流れのインベントリを取り、環境に排出される前に適切な処理に導かれていることを確認します。

 

適用される法律や規制に従ったレベルまで廃水中の汚染物質を低減する機能のある、適切なサイズの廃水処理システムを導入して管理します。

 

工場内に廃水処理設備がない場合は、規制に従い、外部の廃水処理施設(工業団地の廃水処理施設、または地方自治体の廃水処理施設など)に排出します。 必要な廃水許可書は定期的に更新し、適切な規制当局に提出する必要があります。

 

緊急事態に備え、施設内廃水処理設備がその能力を超えた場合または故障した場合には、緊急対応措置を実施します。

 

廃水に直接かかわる業務に就く従業員全員を対象に研修を実施します。

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類:
    • 書類を確認して、実行された検査、実行された場所、漏水およびバイパスを監視する頻度を記録します。
    • 廃水処理プラントのオペレーションとモニタリングを比較します。
      • たとえば、 流入/流出記録、発生した廃水量と排出量の差が許容範囲か確認するためのオンラインの監視システム記録およびその他のシステム記録
  • 面接時の質問:
    • 配管、化学物質タンク、その他システムなど、漏水の可能性があるさまざまな屋外製造インフラを管理する従業員に面接します。
    • 従業員がインスペクションウォークを実行しているか、調査結果を文書化しているか、指摘事項を解決しているかどうかを判断します。
    • 生産工場で業務を行っている従業員を面接し、廃水の収集と処理について理解しているか確認します。
    • 廃水処理プラントやラボで業務を行っている従業員を面接し、日常のオペレーション慣行、研修、認識を理解します。
  • 検査ー物理的に見る検査対象
    • ユーティリティマップとプロセスフロー図を入手し、マップ上で数本を辿り、正確さを調べます。
    • 主要なシステムや建屋の周りを歩いて、違法な排出を探します。
    • 廃水および雨水の排出ポイントを確認し、廃水の漏れやバイパスがないか調べます。
    • 廃水処理プラントで、各部位が正常に機能しており、整備状態が良好であるか確認します。

貴社工場は、危険なスラッジの廃棄方法に関して、関連するすべての従業員にトレーニングを提供していますか?

  • 何人ぐらいの従業員が研修を受けましたか?
  • どのくらいの頻度で従業員研修を実施していますか?

貴社における有害なスラッジの廃棄方法はどのようなものですか?

  • 有害廃棄物処理
  • 管理した状態での焼却
  • 埋立処分
  • 野焼き
  • 混合燃料
  • コンポスト処理
  • 肥料(土壌に撒く)

アップロード書類:a) 過去1年間のスラッジ分析やテスト結果 (無害を選択した場合)、 b) 適切な処理、土壌散布の許可および管理票

有害スラッジの場合は、必ずライセンスのある有害廃棄物業者を通じてか、適切にコントロールされた状態の焼却によって処理する必要があります。

質問の意図はなんですか?

有害化学物質や有害産業物質が貴社工場オペレーション中に発生しているかどうかを把握する必要があります。もし発生している場合、これらの有害物質を不適切な方法で処理しないようにする必要があります。

環境汚染を防ぐために有害スラッジは適切に処理する必要があります。有害スラッジを土に置いたり、野焼きをすれば、重大な有害物質を環境に排出することになります。

技術的なガイドライン

スラッジは、認可業者が適切に処理するか、あるいは工場が地元の環境汚染委員会からライセンスを取得して、工場施設内で分解する必要があります。化学物質は、MSDSのセクション13に従って取り扱い、処理する必要があります。地方自治体がスラッジを非有害廃棄物に分類している場合、スラッジ分析の試験報告書は必要ないことがあります。ただし、スラッジが本質的に無害であることがスラッジ分析によって明確化されない限り、社内での埋め立て処分および野焼きは適切ではない場合があります。

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類:
    • 発生した(有害・無害)スラッジの量とタイプのインベントリ
    • 様々なタイプのスラッジの無害と(該当する場合)有害の組成を示す、研究施設の分析
    • 各スラッジの処理方法を示す書類
    • 施設外で処理する場合、処理のタイプ選択が、実際に使用された方法を反映していることが確認できる請求書やサービスの記録
    • 埋立処理、野焼き、コンポスト、混合燃料、土地に撒く肥料を通して処理している場合、スラッジを分析し、スラッジが無害で特定の処理方法に適していることを書面化する必要があります。
    • 特定の処理方法に適用される場合は、その認可
  • 面接時の質問:
  • スラッジの組成に関して、詳細かつ最新の知識がありますか? 確実に適切に処理するために、どのようにスラッジを定期的に分析していますか?
  • 経営者層や担当従業員は、スラッジのタイプごとの適切な処理方法を認識していますか?
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • 施設内でスラッジを処理している場合は、処理する場所
    • 写真を撮影してください。

アップロード例: スラッジ分析やテスト結果

無害スラッジはいかなる方法でも処理できますが、貴社のスラッジが無害であることを裏付ける書面を提出してください。

貴社工場は、無害スラッジの廃棄方法に関して、関連するすべての従業員にトレーニングを提供していますか?

  • 何人ぐらいの従業員が研修を受けましたか?
  • どのくらいの頻度で従業員研修を実施していますか?

貴社における無害なスラッジの廃棄方法はどのようなものですか?

  • 有害廃棄物処理
  • 管理した状態での焼却
  • 埋立処分
  • 野焼き
  • 混合燃料
  • コンポスト処理
  • 肥料(土壌に撒く)

アップロード例:a) 過去1年間のスラッジ分析やテスト結果 (無害が選択された場合)、 b) 適切な廃棄処理、土壌散布の許可および管理票

無害スラッジはいかなる方法でも処理できますが、貴社のスラッジが無害であることを裏付ける書面を提出してください。

質問の意図はなんですか?

有害化学物質や有害産業物質が貴社工場オペレーション中に発生しているかどうかを把握する必要があります。もし発生している場合、これらの有害物質を不適切な方法で処理しないようにする必要があります。

技術的なガイドライン

スラッジは、認可業者が適切に処理するか、あるいは工場が地元の環境汚染委員会からライセンスを取得して、工場施設内で分解する必要があります。

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類:
    • 発生した(有害・無害)スラッジの量とタイプのインベントリ
    • 様々なタイプのスラッジの無害と(該当する場合)有害の組成を示す、研究施設の分析
    • 各スラッジの処理方法を示す書類
    • 施設外で処理する場合、処理のタイプ選択が、実際に使用された方法を反映していることが確認できる請求書やサービスの記録
    • 埋立処理、野焼き、コンポスト、混合燃料、土地に撒く肥料を通して処理している場合、スラッジを分析し、スラッジが無害で特定の処理方法に適していることを書面化する必要があります。
    • 特定の処理方法に適用される場合は、その認可
  • 面接時の質問:
    • スラッジの組成に関して、詳細かつ最新の知識がありますか? 確実に適切に処理するために、どのようにスラッジを定期的に分析していますか?
    • 経営者層や担当従業員は、スラッジのタイプごとの適切な処理方法を認識していますか?
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • 施設内でスラッジを処理している場合は、処理する場所
    • 写真を撮影してください。

アップロード例: a) 貴社工場が、排出前に腐敗廃水を処理に関連する書面、 b) 貴社の腐敗タンクを現代的な処理方法へアップグレードする計画

貴社工場は、腐敗廃水の処理方法に関して、関連するすべての従業員にトレーニングを提供していますか?

  • 何人ぐらいの従業員が研修を受けましたか?
  • どのくらいの頻度で従業員研修を実施していますか?

貴社工場は浄化槽が満杯になると、どうやって取り出しますか?

  • どこに排出されるか説明してください。
  • 排出された後、どのように処理するか説明してください。
  • 書類がある場合は、書類をアップロードしてください。

貴社の浄化槽をさらに現代的な処理方法へアップグレードする計画がありますか?

環境コンタミを防ぐために、腐敗廃水は適切に処理して排出する必要があります。

貴社工場は、汚染物質を長期的に適切に抑制するために、貴社の浄化槽システムから現代的な形態の処理方法へアップグレードを計画し始める必要があります。浄化槽廃水を適切に処理して排出しているが、現代的な処理システムにアップグレードする計画がまだない場合は、貴社は部分点を獲得します。

質問の意図はなんですか?

有害化学物質や有害産業物質が貴社工場オペレーション中に発生しているかどうかを把握する必要があります。もし発生している場合、これらの有害物質は適切に処理する必要があります。

環境コンタミを防ぐために、浄化槽で処理する廃水は適切に処理して排出する必要があります。浄化槽で処理する廃水を適切に処理、排出しないと、環境に有害物質を排出することになります。

技術的なガイドライン

洗濯洗剤、床清掃用化学薬品、スポットクリーナー、その他の清掃用化学品などの生活用水の使用は、複数の規制化学物質および大量の大腸菌の排出につながる可能性があります。 工場は、以下の活動による浄化槽で処理する廃水を排出に関係するリスクを把握、監視、説明責任を負う必要があります。  

  1. 排出される前に、確実に浄化槽で処理する廃水を処理する工程を確立する。
  2. 浄化槽で処理する廃水を管理、監視する適切な人物を任命する。
  3. 浄化槽内の除去(清掃・点検等)を行う認可された第三者との契約、および処理記録、請求書を保管する。

検証方法:

満点 

  • 必要書類:
  • 排出前に、工場が浄化槽廃水を処理することに関連した書類(工程、設備図面、手順、責任者など)
  • 浄化槽が廃棄物で完全に満たされた場合。いかに貴社がタンクの中身を出し、処理するのかを説明した書類
  • 必要である場合は、許可
  • 該当する場合は、浄化槽の内容物除去の処理記録や請求書
  • 貴社がいかに浄化槽を現代的な廃水処理方法へアップグレード中か、いかにこれからアップグレードするかの詳細と節目を説明する、期限を決めた計画。
  • 面接時の質問:
    • どの特定の廃水が浄化槽で処理されているのか、経営者層と担当従業員は説明できる。
    • 浄化槽が満たされれば、工場がいかに内容物を除去するか経営者層と担当従業員は説明でき、また概ねどれぐらいの頻度でこの手順を実行するのか説明できる。
    • 経営者層と担当従業員は、浄化槽から除去された排出物が、どこでどのように廃棄処理しているのか説明できる。
    • 経営者層は、より現代的な廃水処理方法へアップグレードする計画に対して議論することができ、また実行するためのタイムフレームを提供することができる。
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • 浄化槽エリアと下水管の写真を取ってください。
    • 写真と提出した計画が一致すること。
    • 浄化処理で生じた廃棄物の不適切な処理や、浄化システムに過剰な負担をかけている証拠がありますか? 「はい」と回答した場合、コメントを作成して写真を撮ってください。

部分点

  • 浄化システムのアップグレード計画を除き、「はい」に必要なものと同じ

廃水ーレベル 2

Questions
  • この基準に違反して報告していますか?
  • ZDHC廃水ガイドライン
  • BSR
  • IPE
  • 顧客/ブランド
  • その他がある場合は、ご記入ください(地域法や法規制を除く)
  • 貴社は標準が特定しているパラメーターを全てテストして、その基準を満たしていますか?
  • 貴社のパラメーター結果は、標準のプラットフォームで利用できますか? (ZDHC ゲートウェイまたはIPEデータースなど

ZDHC廃水ガイダンスを選択した場合:

  • 貴社のテスト結果は、Table 2A-N化学物質グループのパラメーターを検知しなかったことを示していますか?

テスト結果をアップロードしてください

検知された場合は、パラメーター表に記入してください

質問の意図はなんですか?

この質問は、廃水基準の追跡と報告を通じて、廃水品質に関する工場の現在のパフォーマンスを実証することを目的としています。ここで参照される標準は業界標準であり、その意図は地域法や規制に対する遵守を超えて改善することです。

貴社工場が排出した水の水質は、環境保護への影響とオペレーションコストに直接関係しています。また、業界組織の透明性のために、要件の開示の可能性も含めて、貴社工場の遵守に直接関係しています。

オプショナルのZDHC廃水ガイダンスは何ですか?

有害化学物質排出ゼロ(ZDHC)の廃水ガイドラインは、オプショナルのガイドラインで、顧客にこれを要求するブランドもあります。貴社の顧客からZDHCについて聞いたことがなければ、これは無視してください。パラメーター表の最後の欄に回答しなくても、ペナルティーを受けることはありません

有害化学物質排出ゼロ(ZDHC)プログラムはブランド、バリューチェーン提携者、ZDHC廃水ガイドラインをリリースする関係者による協同プログラムで、繊維およびフットウェア産業全体の廃水の水質について統一された期待値があります。 ZDHCについて詳細情報をご希望の場合は、こちらからウェブサイトおよびガイドラインにアクセスしてください:https://www.roadmaptozero.com/about

技術的なガイドライン

1)全てのパラメータ(これまで検出してきたもの/前年度に承認済み第三者機関で作成したテストレポートや社内モニタリングレポートで制限を超えたもの)を報告してください。 ここでは、データ報告を奨励するというよりむしろ、実行することに優先順位をつけるために、廃水問題に関する情報収集のみが目的です。

  • 採用しているスタンダードを選択してください。
  • 条件を満たしていないパラメータの結果を入力してください(数値を入力して、単位を選択してください)。
  • 認可や標準で求められる制限値を入力してください。(基礎レベルのZDHC廃水ガイドラインにリストされている制限値など)
  • ZDHC廃水スタンダードを選択した場合、得点がつかない追加質問に回答するよう求められます。追加質問では、ZDHC廃水ガイドラインにリストされているテストパラメーターが、貴社工場廃水テスト報告で検知されているかどうかを聞きます。 デトックスパラメーターの何れかを検知した場合、流入水テストも推奨します。

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類:
    • 工場が追跡したパラメーター(処理済み廃液と未処理廃液)を示した廃水テスト報告が利用可能であること。 ZDHC廃水ガイダンスの場合、廃水テストは、頻度、テストパラメータ、制限、サンプリングおよびテスト方法に従って実施する必要があります。 ZDHCゲートウェイ-廃水モジュールにテストレポートをアップロードすることが推奨されています。
    • パラメーターを記録して分析したことを示す書類
    • 手順の書類のサンプル
  • 面接時の質問:
    • 主要従業員は工場の廃水排出ポイントを認識していますか?
    • 廃水が適切に排出されていないときに、管理を特定するための、従業員向けのメカニズムがありますか?
    • 手順のサンプルを使う主要従業員は、適正に訓練されていますか?  頻度は?
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • 廃水を受ける汚水槽などは状態はよく、安定して安全な状態ですか?
    • 表流水や雨水はコンタミや閉塞することなく流出しますか?
    • 廃水・廃液の排出を管理するために確立した手順に従っていますか? (例、 廃水の管理, 活動など)
    • ETPの各処理段階の写真を提供してください。

以下をアップロードしてください。: a) 施設外廃水処理施設の廃水の水質記録を貴社が請求したことに関する書類、 b) (提供があった場合は)施設外廃水処理施設から提供された水質記録

貴社工場が環境コンタミに影響をあたえる事態に陥った場合、廃水の水質の規制違反を把握していることが重要です。施設外排水処理施設について貴社工場に権限がなく、処理施設が水質結果を提供しなかったとしても、貴社が廃水の水質結果を請求したという証拠を提出してください。この質問は、適切な処理と環境への排出に関して、廃水処理施設を助けるために貴社が何か対策をとることができる場合、貴社に更に情報を提供するためのものです。

質問の意図はなんですか?

この質問はの意図は、工場と、廃水処理の契約を交わしている施設外廃水処理施設との間のコネクションと説明責任を作ることです。目標は、工場が可能な限り積極的になって、廃水が法令に準拠しており、環境に対する違反に対して負う責任がないことを確認することです。施設外廃水処理施設からの対応結果に関係なく、工場による積極的な努力がこの質問で求められているものです。

この情報があれば、貴社の状況が把握しやすくなり、リスクファクターや改善機会を特定しやすくなります。

施設外廃水処理施設の廃水の水質テスト結果を請求することで、施設外処理施設から頻繁に環境に排出される処理廃水が法規制を工場は確実に遵守することができます。法規制の遵守は、施設外処理施設と工場間の許可に関連して工場独自の排出基準を遵守に追加されるものです。

貴社工場は施設外の第三者処理を管理してはいませんが、不遵守とそれにどの程度工場が関わっているのか認識することは重要です。 加えて、貴社工場が不遵守に関わっている場合は、この質問は、貴社工場が不遵守の原因となる問題解決を促進を確実に計画していることを確認します。 これはレベル1よりレベル2に含まれています。工場は施設外処理施設に関して直接コントロールを有していない場合、また可視性を有していない場合があるからです。

技術的なガイドライン

貴社工場は、貴社が廃水の水質報告を取得するために施設外処理施設に連絡した証拠を示す限り、この質問に関して得点の枠を得ます。施設外処理施設が拒否した場合、貴社が請求したこと、拒否された証拠を提出できれば、ペナルティーを受けることはありません。

注意:第三者廃水処理施設がその廃液についてオンラインで発表する場合、工場は本質問に「はい」と回答できます。

施設外廃液処理は工場に向けて廃水排出に関するスタンダードを設定し、超過パラメーターについて工場にさらに費用を請求する場合があります。これが貴社に適用される場合で、貴社工場から正確なアセスメントを収集することに関係する場合は、状況を説明して、例を挙げてください。サーチャージ(追加料金)を伴う場合は、ソフトリミット値は、認可制限値ではありません。それでも施設の制限量は法令を遵守していることになるはずです。

貴社が結果を請求し、第三者廃水処理施設が制限値を遵守していないことを知った場合、貴社工場が不遵守の原因となっているかどうかを説明してください。はい」と回答された場合、貴社工場はこの問題を解決しましたか? 貴社がテスト結果を請求したが、結果を受け取らなかった場合、なにが起きたかを説明してください。

検証方法:

該当する場合

  • 必要書類:
    • 廃水の水質記録を施設外廃水処理施設から受け取ることを貴社が請求したことを示す、直近の書類
    • または、さらに追加として、最近の(1年以内か、理想ではもっと最近の)施設外廃水処理施設の水質記録(提供を受けた場合)
  • 面接時の質問:
    • 廃水の水質の主要責任者は、共通の廃液処理施設から回収した廃水の水質テスト結果について説明できる。
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • サンプルの結果は、工場のオペレーションの水質状態を反映していますか?

廃水 – レベル 3

Questions
  • 廃水処理をして、製造工程で再利用した廃水の%を入力してください。

アップロード例: a) 閉鎖ループ内でのリサイクルを示す記録(工程用水から工程用水)および/または、b)再利用するために水を回収した 場所や回収した水が使用された場所別の、使用水量削減を達成した項目のリスト。

以下に当てはまる場合は「はい」と回答してください。廃水処理設備を工場内に導入し、製造廃水を再利用/リサイクルして、製造工程に戻している。再利用水および/またはリサイクル水は製造工程で使用される必要があります。-灌漑、トイレなどの他の用途は除外されます。処理技術には、膜濾過法やゼロ排水など、化学処理や生物処理が含まれることがあります。

得点に関する注意:

  • 50%以上を再利用またはリサイクルしている=満点
  • 「いいえ」または「不明」=ゼロ点

質問の意図はなんですか?

この質問は、再利用/リサイクルに必要な革新的な技術を奨励し、全体的な淡水の使用フットプリントを削減することに焦点を当てています。

この技術があれば、製造工程用の淡水の取水をほぼ排除することができます。

技術的なガイドライン

特定の工程から出た廃水が、別の工程の水質要件を満たしていない場合、一般的にその廃水は単に処理され排出されだけとなります。ただし、工場がこの廃水を(化学的あるいは生物学的に)処理して工場の別工程の水質仕様を満たした場合、この廃水は再利用/リサイクル水とみなされます。工程を最適化して全行程をできるだけ確実に効率的に行う以外に、水のリサイクルまたは再利用は、淡水の使用水量を削減する最も一般的なメカニズムです。再利用に関しては、ある工程から出た廃水は、それ以上に処理することはく、2度目の工程で使用する水質基準を満たしている場合があります。同じ量の水を何回も再利用することで、2度目の工程で淡水の使用量を減らすことができます。

総使用水量を工場内で100%再利用している場合、それは閉ループです。これは、蒸発といった自然な水の損失以外で工場のオペレーションにおいて多量の淡水使用を必要としないことを意味します。事前処理、蒸発、結晶化といったゼロ排水(ZLD)技術があれば、全ての廃水の回収、再利用がしやすくなります。

逆浸透(RO)およびナノろ過技術を使用して廃水を処理し、80%の廃水を再利用しているが、メンブレンろ過膜によって除去された水はオフサイトETPに送られZLDとは見なされません。というのも、メンブレンろ過膜技術で除去された水のTDSは、排出される通常の廃水よりも有害であると考えられているためです。

この水は、工程用水として再利用されなければなりません。灌漑やトイレ用水など、他の用途は含まれません。

検証方法:

  • 必要書類:
    • 工場は、工程廃水を工程用水として再利用していることを書面で記録しており、その記録を提供することができる。 (該当する場合)、水のセクションの書類に言及して、ここで提出した%が、取水量と水収支を基に正確かどうかを評価してください。
    • 下記に従い、達成した削減水量をリストにしてください。
      • 再利用のために水が収集された場所
      • 再利用水が使用された場所
      • リサイクルプロセスのフロー図
  • 面接時の質問:
    • 経営者層と担当従業員は、いかに廃水が工程用水として再利用されているか説明、証明することができる。
  • 検査 – 物理的に見る検査対象
    • 工程用水の再利用のために使用中の設備の観察
    • 設備の詳細な説明(機能、消費水量に関する利点、年式、メンテナンスなど)
    • 設備の写真を撮ってください。
    • 工程用水として使用できない廃水で排出前に処理(前述の質問で記録されているように)した全廃水量を確認してください。

 

top
X